「サワディシンチャオ(旧:東南アジア10か国料理店)」公式ブログ

2021年1月まで存在していた飲食店。店は閉店しましたが事業は引き続き継続します。

タグ:花見

イメージ 1
私たちは、例年ちょっとした花見に出かけます。あまりシートを引いて盛大な宴会などはやりませんが、季節のものでやはり日本人の心に触れる桜の花を毎年見たくなるから不思議なものです。

と言うわけで今年は、昨日の料理教室が終わってから桜の花見に出かけました。

イメージ 2

桜の下にもこんな花(雪柳?)が咲いていました。

イメージ 3

ここで、場所が特定できると思いますが、ここは大阪城公園。
十分歩いてくることができる距離です。

イメージ 4

時間帯が夕暮れ時と言う事もあり、なんとなく色が白っぽい気がした桜の花。ちょっと種類が違う(しだれ桜?)この木のは鮮やかなピンク色しています。

イメージ 5

桜の林が見渡せるベンチにて。ピンクのじゅうたんが宙を浮いているようです。

イメージ 6

せっかく、城に来たので堀の方を見てみることに。日本の歴史的な石垣と堀に桜は見事に映えます。

イメージ 7

桜の花びらをアップしてみました。一つ一つは小さいのにこの小さな集団があのピンクのじゅうたんを浮かび上がらせると考えると本当に驚きです。

イメージ 8

気が付けば、空の上に月が浮かんでいました。

イメージ 9

しだれ桜を撮りました。桜のじゅうたん「ソメイヨシノ」は集団で美しさが映えますが、こちらは単体で美しいですね。

イメージ 10

鮮やかなピンクの花をアップして見ました。

イメージ 11

この桜の木は1本の木から出た枝が途中で交差しています。
自然にそうなったものでしょうか?この枝は結構太いので
こうやって眺めていると、「静かなる『動き』」を感じ取れますね。


イメージ 12

「花より団子」と言うことわざもありますが、ここまで私たちは簡易ポットの中に入っているお湯だけしか飲んでいません。つまり正真正銘の「花見」をしたわけで。


イメージ 13
気が付けばすっかり暗くなりました。櫓がライトアップされて
目立っていますが、その奥に天守閣が見えます。

イメージ 14

天守閣をアップ。城の形をした「昭和時代のビル」とは言え、大阪城公園に来たからには一目見ておきたいところです。

イメージ 15

これにて、一通り桜を見ましたので引き上げることにしました。

イメージ 16

外堀からの夜景。大阪城公園を取り囲むように林立しているビル群も美しいですね。

イメージ 17
途中で見つけた組織。ここが大阪城公園の管理をしているようで、バーベキューエリアが有料になったり、10年くらい前には存在しなかった駐車場があったり、この先この公園がどうなるんでしょうか?(天王寺公園みたいに有料にだけはなってほしくないですね)

ここまで来たので帰り際少し寄り道しました。

イメージ 18

森ノ宮キューズモールという所。元日生球場跡地ですね。
入口が東側からだったので、実は2F部分から入りました。

イメージ 19

小腹が減ったので、ちょっといただきました。
それにしても、大阪城と桜を見た後にたこ焼きとは・・・・。
あたかも大阪に来た観光客みたいですね。

今年の花見の時期もそろそろ終わり、店内改装などしていましたので
できなかった桜の花見がようやくできました。

イメージ 1

日曜日の営業(17時まで)の後になりました。場所は大阪城。
夜桜見学となりました。


イメージ 2

改めてみると、気づかない風景がありますね。


イメージ 3


けっこう散ってきていますからラストチャンスでした。

イメージ 4

大阪城天守閣が見えます。ライトアップされているため
黄金の塊のようです。

イメージ 5

せっかくなので天守閣のすぐ目の前まで上がってきました。
どうしても大阪城と言うと昭和に再建されて古いエレベータが
あるとかいう事で、姫路城とかのほかの城と比べてついつい見劣り感を感じますが、
最近見学した京都の二条城や金沢城と比べて見ても、なかなか迫力があります。

先日大阪に来たタイのオタ氏一行。
今の大阪の名所と言えば、USJや道頓堀、通天閣あるいは黒門市場
とかになっていますが、「いやいや大阪城もせっかくだから」と紹介した
価値がありました。

お昼の花見は、桜自体を見ることには大満足でしたが、短時間ということもあり
少し不完全燃焼ということもあり、夜営業が終わってから近所の公園に
夜桜を愛でに行くことにしました。

イメージ 1
お店から徒歩圏内の西区新町にある公園です。
この手の公園は最近、神経質なところもあって夜は閉鎖されている
ところもあるのですが、ここは夜もその心配なく入ることができました。
バックにあるのは最近この周辺に急激に増えてきた集合住宅です。
タイのバンコクのラーマ9世通りにあるコンドミニアムのグループのようです。

そのような事よりも、その21世紀といいますか、近未来的な建物が
バックにあっても満開の桜にはなんら違和感がないのがすごいですね。


イメージ 2
花見のシーズンには、こういうちょうちんも並んでいるようで
私たちが行くより少し前の時間帯はさぞかし
仕事を終えた「酔っぱらいが」シートを引いて酒盛りをしていたので
あろうことが想像されます。

ただ、こういう近未来的な住宅に住んでいる人のエリアだからでしょうか?
マナーが良いですねゴミがほとんどありませんでした。

イメージ 3

せっかくなので、ちょっとした珍客を連れてきました。成城石井出身です。

今回は店で作った残り物を弁当として持ってきました。
蒸したもち米「カオニャオ」とか
春雨のタイ式サラダ「ヤムウンセン」とか・・・・。

ビールはオリオンビールと保温の効く水筒に焼酎のお湯割を・・・・。
夜ご飯もかねて昼よりもゆっくりと夜桜を堪能しました。
途中から、仕事帰りの小集団も花見をしていました。

イメージ 4

30分ほどで戻りましたが、昼にせよ夜にせよやはり桜はほかのどの花とも違う
「和」の象徴というのを改めて感じることができました。

イメージ 1

4月になると、ほぼ毎年行くのが「桜の花見」
おそらくほとんどの日本人がこれに参加しますから、
この時期はお客さんの来客が極端に悪くなるほどの影響力があります。

毎年いろいろなところで、小規模な花見を楽しむのですが、
今年は、かつて大規模な花見をした場所に行きました。


イメージ 2

それは、こちら「大阪城公園」です。
私たちが行ったのは昨日月曜日のお昼過ぎでしたが、
最近観光客が増えた大阪のなかでも、ここは伝統的な観光スポットだけに
外国人を含む多くの人がいました。

しかしこの日は夕方からご予約がありましたので、
短時間での花見となりました。

イメージ 3
これが、土日だと、シートで場所を取り合いして
飲んだくれていたり、カラオケなどを持ち込むグループばかりで
花を見に来ているのか?
酔っ払いを実に来ているのか良くわからなくなりますが、
平日だと明らかに桜の花を見に来ているという気分に浸れました。

イメージ 4

「大阪城」というか城跡というものと桜との相性は本当に見事で
絵になりますね。「日本」という感じがします。
こういうときは日本人として生まれ育ったものとしては
心に響くものがあります。

イメージ 5

通常の桜(ソメイヨシノ)とは違うタイプの桜(枝垂桜)がありました。
周りの桜と色もピンクが濃くて形も違い、特に目立っていました。

イメージ 6

花びらも微妙に違いますね。

イメージ 7

桜の木があたかも森のように覆っています。緑の芝生ともいい感じですね。


イメージ 8

花びらを拡大します。一本の木にどのくらいの花びらがついているのか
そして、その木が公園中にありますから無限にあるかのようです。

イメージ 9

実はこのあたりで、店を始める前(十数年前)には大規模な
花見を2・3年やったことがありました。
日曜日の早朝から場所取りをしたものです。そのころと比べると公園自体が
ずいぶん整備されていますが、この桜や目の前の外堀はその頃とはほとんど
変わってはいないでしょう。

風が吹くと花びらが高速に舞います。動画に抑えてみました。




イメージ 10


シートを持ってきましたので、
少しの間木の下にシートを引いて座って
桜をめでてみました。
土日ならばまず無理であろうこの特等席の場所も平日のお昼なら
ゆっくりとできます。

この近くで場所取りの人は何組かいました。
最近の場所取りの人は年配の人が多い気がします。
昔は入社2年目くらいの若手がやりそうなイメージでしたが。


イメージ 11

せっかくなので記念撮影です。

もう少しゆっくりしたかったのですが、天気が非常に不安定な事も
ありましたし、夕方から仕事だったのでここで引き上げることにしました。


イメージ 12

帰り際、少しだけ寄り道して大阪城の天守閣を撮っておきました。
天守閣といっても、これは昭和に再建されたエレベータ付きの
博物館に過ぎないのですが、どうしてもそういう存在がないよりは
あるほうが城らしく感じてしまいますね。

おはようございます。週末土曜日 お天気もよく花見日和。
当店でもお花見の弁当・オードブル承ります。
 ・お花見弁当はその場でのテイクアウト受け付けます
 ・花見会場が中央区内なら配達も承ります。
急ですが、まだ迷っている皆様は是非ともご検討ください
(明日もやりますよ!)

本日も13:00-23:00まで休憩なしで営業します。

イメージ 1
4月のカレンダーは「マレーシア」

本日の記念日です。
読書の春?というわけではないですが、
書籍系の記念日が多いです。

国際こどもの本の日(International Children's Book Day)
国際児童図書評議会(IBBY)の創設者・イエラ・レップマンの提唱により、国際児童図書評議会が1966年に制定。
デンマークの童話作家・アンデルセンの誕生日。

こどもの本の日
子どもと本の出会いの会が制定。
デンマークの童話作家・アンデルセンの誕生日。


週刊誌の日
1922年、『週刊朝日』と『サンデー毎日』が創刊された。

図書館開設記念日
1872(明治5)年、東京・湯島に日本初の
官立公共図書館・東京書籍館が開設された。


世界自閉症啓発デー(World Autism Awareness Day)
2007年12月の国連総会で制定された国際デー。
世界自閉症啓発デー日本実行委員会


五百円札発行記念日
1951年、岩倉具視の肖像の500円札が初登場した。
1982年に500円硬貨が発行され、現在では見かけなくなった。


歯列矯正の日
歯列矯正医院専門のマネージメント会社・オーシーエージャパンが2001年6月に制定。
4(し)0(れ)2(ツー)で「しれつ」の語呂合せ。


CO2削減の日
リサイクル部品による自動車修理を行う浜松市の富士金属工業が制定。「シー(4)オー(0)ツー(2)」の語呂合せ。


マルビナスの日 [アルゼンチン]
1982年のこの日、アルゼンチン軍が英領フォークランド諸島
(マルビナス諸島)を占領し、フォークランド紛争が始った。


光太郎忌,蓮翹忌
詩人・歌人・彫刻家の高村光太郎の1956年の忌日。
アトリエの庭に咲く連翹の花を大変愛していたことから
連翹忌とも呼ばれる。

それでは本日もよろしくお願いします。

↑このページのトップヘ