「サワディシンチャオ(旧:東南アジア10か国料理店)」公式ブログ

2021年1月まで存在していた飲食店。店は閉店しましたが事業は引き続き継続します。

タグ:兵庫県

昨日に引き続き、1泊2日のショートトリップの後編です。


(前編はこちら)

私たちは前編にあるように淡路島を堪能した後、高速バスで本州側に
戻ってきました。

イメージ 2

こちらは「高速舞子」のバスターミナル。
そのまま、神戸三宮まで行って帰る事も十分可能ですが、
今回は、シェフの誕生日の事もあったので、舞子公園のホテルで1泊
して精神的にもリラックスすることにしました。

イメージ 3

明石海峡大橋の端の高速道路沿いに作られたバス停。
下に降りるまでのエスカレータが長いです。

イメージ 4

そのまま「舞子公園」に。
松林が海の近くを思わせます。

イメージ 5

先ほど渡ったばかりの明石海峡大橋。今宵はこの橋が見える部屋で一泊です。

イメージ 6

宿泊するホテルは、丘の上にある大型ホテル「舞子ヴィラ」です。

イメージ 7

丘まで登らないといけないかと思えば、ちゃんとエレベータがあります。
斜面沿いにあるので斜めに動く珍しいエレベータです。

イメージ 8

ホテルの入り口。




イメージ 9

ホテルのロビー。ビジネスホテルとは違う開放感があります。

イメージ 10

海外の大型ホテルの雰囲気を思い出します。

イメージ 11

部屋は9Fでした。さっそく窓越しに明石海峡大橋が見えます。

イメージ 12

ツインの部屋も広かったですよ。

イメージ 13

部屋全体の雰囲気。

イメージ 14

ツインベット

イメージ 15

結婚式にも有効活用されているようで、教会のようなものがあります。


イメージ 16

暗くなってくるとライトアップされました。

イメージ 17

海の向こうの淡路島側も照明がきれいですね。

イメージ 18

この光景を見るだけでも、宿泊した価値がありました。

イメージ 19

すっかり夜も暮れたようです。

イメージ 20

上空には神戸空港?に向かう飛行機が見えます。

イメージ 21

午後11時になるとライトアップが終了しました。
ここで私たちも眠ります。

翌日、朝食のバイキングを宿泊プランにつけましたので、
そちらに向かいます。

イメージ 1

こんな雰囲気です。

イメージ 22

こんな感じですが、この後もおかわりしましたので、
朝からおなかが満腹です。
イメージ 23


多くの人が朝食を食べに来ていました。


イメージ 24

気が付けば、1時間30分くらいここにいました。
イメージ 25

そろそろ部屋に戻り、チェックアウトします。

イメージ 26

十分リラックスしたところで、少し舞子公園を散策します。

イメージ 27

ここには今月二回行きました。上旬にタイ人JOY一行と
姫路城などの見学の帰りに少し立ち寄りました。

イメージ 28

あの時は、明石海峡大橋を見ただけでしたが
今回は周辺もいろいろとみていきます。
ちなみにこのホテルは、ホテルのクラブフロアだけ存在している
ようなところです。


イメージ 29

宿泊した「舞子ヴィラ」大きいですね。
イメージ 30

舞子公園の「松」についての説明書き。
一時壊滅に近い状態だった松を再生したそうです。

イメージ 31

こういう取り組みは大事なことですね。
イメージ 32

旧武藤山治邸。元々別荘地だったのでこういう古い建物が
再建されたり移築されたりしています。

イメージ 33

明石海峡大橋の下にある古い建物は、重要文化財の「移情閣」

イメージ 34

元々は、神戸華僑の実業家「呉錦堂」の別荘だったそうで、
つながりのあった、中華民国の建国者「孫文」の記念館になっています。

イメージ 35

300円で中に入れるので入ってみることにしました。
イメージ 36

基本的には孫文の事についての記述がメインですが、建物自体にも
値打ちがあり、この階段で2Fにあがりますが、中々雰囲気の良さげな
所です。

イメージ 37

そして2Fの窓から明石海峡大橋が見えます。

イメージ 38

元々あった場所から、明石海峡大橋ができる時に、今のところに移築された
そうですが、そんな雰囲気は感じられずレトロな雰囲気がありました。


イメージ 39

改めて、明石海峡大橋。大きな船が橋をくぐっていきました。


イメージ 40

世界最長のつり橋は見ていて飽きないですね。

イメージ 41

橋の真下でしばらく佇んでから帰りました。
イメージ 42

おまけですが、これは当店の最寄駅「本町」にある
「セントレディースホテル」にあるパン屋さん。
一般のパン屋のパンよりやや高めですが、味は十分その価値を見いだせました。

この前の月曜日と火曜日の午後にかけて私たちはショートトリップをしてきました。
場所は淡路島の洲本。何故こんなところに行くことになったのかと言えば、
「FMCOCOLO」というFMラジオ局の番組で募集していた
プレゼントに当選したからです。そのプレゼントは「淡路島の酵素風呂利用券」
でした。ちょうど体調面でも疲れ気味と言う事で、この時期に行くことに下のですが、それに加えて、シェフの誕生日に近いこともあるのでせっかくだからとそのまま帰らず、舞子で1泊するのもつけることにしました。

イメージ 2

朝9時すぎに出発する難波O-CATから出ているバスで向かいます。
歩いてそこに向かいましたが、途中道頓堀を歩いていると
すでに観光客と同化した気分になります。

イメージ 3

バスの時刻表。偶然に中国語表記に代わりましたので
より旅の気分に浸れますね。

イメージ 4

小さな土産物屋もあります。関空までのバスもここから出ていますから
今度海外に行くときはバス移動も面白い気がしました。

イメージ 5

主に大阪空港行きのバスが止まるところに、淡路島・洲本行きのバスが
入ってきました。


イメージ 6

なんばのバスターミナルを出た直後、建物内を走る様子はなんとなくいいですね。

イメージ 7

大阪から神戸にかけての湾岸地域を走っていきます。

イメージ 8

天保山のあたりでしょうか?

イメージ 9

神戸のあたりで、少し渋滞に巻き込まれましたが、結局あとは
スムーズに、ほぼ定刻通りに到着しました。

三ノ宮駅を経由していよいよ明石海峡大橋へ。

イメージ 10

橋の上を撮影しましたが、外国人の姿がなく、代わりに日本人の年配の人が多く、若い人でも観光で利用している人でなかった為か、他に撮影している人は居ませんでした。

イメージ 11

世界一のつり橋からの風景はいいですね。

イメージ 12

間もなく淡路島に到着です。

イメージ 13

淡路島の島内もしばらく高速沿いに走ります。


イメージ 14

バスの高速のバス停ですが、出口がドアで出入りするようになっていました。


イメージ 15

洲本の手前の津名港あたりから一般道に代わりました。

イメージ 16

海沿いに走っていくと洲本に到着です。

イメージ 17

到着して最初に向かったのはお昼ご飯の場所です。

イメージ 18

山の上にあるのは、洲本城です。

イメージ 19

その城の城下でお昼ご飯を頂きました。

イメージ 20

こちらのお店、月曜日の12時前だったのでスムーズに入って食事を
楽しむことができました。

イメージ 21

こちらのお店です。

イメージ 22

酵素風呂の予約時間から逆算して2時間ほど時間がありましたので
洲本の街を散歩します。

イメージ 23

地方の街にくると、昭和の雰囲気が所々残っていますね。

イメージ 24

こちらはもっと古い、江戸時代からの古民家。
イメージ 25

洲本の公設市場にやってきました。


イメージ 1

地元でとれた活きの良い魚を購入しました。

イメージ 26

洲本の旧市街は、「まちづくり」の一環としていろいろ考えているようです。

イメージ 27

こういう小さな道ですが、よく見ると個性的なお店が結構
並んでいました。

イメージ 28

味のある店構えですね。
イメージ 29

さて、港の方に戻ることにしました。

イメージ 30

元、紡績工場の跡地がいろんなものに再利用されています。

イメージ 31

説明書きがなされていました。

イメージ 32

こんなところもあります。

イメージ 33

もう少し時間がありますので、波止場で休憩します。

イメージ 34

海水面。よく見ると小さな魚が泳いでいました。

イメージ 35

船を陸にあげるためのレールですね。

イメージ 36

見落としがちですが、花も咲いています。

さて、そろそろ時間になりました。


イメージ 37

洲本バスセンターには温泉旅館行きのバスも止まっています。

私たちは路線バスに乗り、洲本ICへ。

イメージ 38

バスの中です。バスセンターのある洲本の中心部と高速道路のICとは少し
距離がありました。

そして、洲本ICに来ると、酵素風呂の人が迎えに来てくれました。

イメージ 39

途中の田園地帯。コンクリートジャングルで生活していると
こういう風景を見るとなごみますね。

イメージ 40

私たちは以前、複数の取引のある農家さんを訪問に行きましたが、
その時を思い出します。


イメージ 41

到着しました。米ぬかの酵素風呂です。

イメージ 42

建物の中。事前に健康状態のチェックや体温などを測定しました。

イメージ 45

そして実際にこちら酵素風呂に入りましたが、基本的には砂風呂。
でも使っている米ぬかとかの砂に効果があるものが含まれていて
びっくりするくらいの汗を出しました。

湯上りにビールをいただいて、バスの時間に合わせて洲本ICまで
送っていただきました。

イメージ 43


こちらですね。淡路島は明石海峡大橋ができる前と後とでは
ずいぶん世界が変わったような気がします。あれだけいろんな地域にあった
連絡船やフェリーがほぼ壊滅に近い状態になったのはちょっとさびしいですね。

イメージ 44

とはいえ、便利が良くなったのも事実。多くの人がこのバス停で待っていて
神戸三宮行きのバスを待っていました。(後編に続く)

私たちと約2年くらい前から知り合った、タイ人のJOY氏。
過去2度大阪に来て、そして私たちも今年の一月に会いに行くという交流を
していますが、今年も大阪にJOYがやってきたのです。

そこで、私たちの定休日であるこの前の月曜日に彼女たちを観光スポットに
案内することになりました。

ところが予定が変わり、前日の夜に店にやってきました。
聞けば日本に初めて来たメンバーもいたようで、どうやら日本料理に飽きてしまい、
タイ料理が食べたいという事だったのです。

イメージ 2
日曜日の夜に店に食事に来てくれたJOY(左から2番目)一行。

細かいところではネイティブなタイ人たちのチェックはありましたが、
大まかではおいしいと大好評。かつて海外渡航が初めての時に
ラスベガスで日本食が恋しくなったことがありました。
その時にホテルの日本料理店で食べた黒人の握る寿司が、本当においしかった。
そんな印象だったのかな事を思い出しました。

そして、JOYたちに提案したのは西の方。神戸方面です。
京都や奈良と言う観光の定番どころ、最近は大阪もそういう空気が
ありますが、西の神戸や明石方面はまだあまり外国人観光客が
行かないエリア。明石の先にある姫路には世界遺産姫路城もあるので
その姫路城と明石を案内しました。

イメージ 3
JOYたちが持っているチケットは私鉄の乗り放題の券ということで、私たちも
阪神電車と山陽電鉄などが乗り放題の1日券を購入し、阪神梅田から
姫路を目指すことになります。

ここは、途中下車した須磨駅。JRならば須磨海岸の目の前だけにちょっと残念。

イメージ 4

トイレ休憩の後電車に乗り換えます。

イメージ 5

JRと比べるとどうしても遅くなる、私鉄での移動。
どうにか姫路駅に到着しました。

イメージ 6

私たちだけであればためらいなく歩きますが、そんなに歩くのが慣れていない
JOY一行ですから、お城までバスに乗りました。

イメージ 7
ということで、姫路城に到着しました。

イメージ 8
「白鷺城」と呼ばれるほどの天守閣の美しさもさることながら、
やはり私たちが最近訪問した城(二条城、金沢城、大阪城)あたりと比べると
レベルというか格が違うのがわかります。

イメージ 9
世界遺産ですから当然と言えばなのですが、やはり石垣だけとか天守閣以外の
いろんな建物が見事に残っている姿が、日本の城の本当の姿という事で
美しさが違うものです。


イメージ 10

当初ここまで案内するのは遠いからどうかとも思いましたが、
JOYたちも喜んで撮影をしていたので大丈夫だったようです。

イメージ 11
入場料は1000円とやや高めですが、これは致し方ないでしょう。


イメージ 12
いよいよ門をくぐって敷地内に入っていきます。


イメージ 13
別の角度から見る天守閣も美しいですね。

イメージ 14
堂々たる門構え。実は天守閣に入るまで結構いろんな門をくぐりました。

イメージ 15
たとい天守閣があったとしてもこのあたりは石垣だけという事が多い
日本の城ですが、姫路城は全部残っています。

イメージ 16

天守閣のすぐ近く。石垣と建物の曲線美も絵になります。


イメージ 17

「にの門」とか書いていますが、実はこういう小さな門をいくつもくぐらないと
中に入れません。迷路のようにして敵の侵入を防ぐ狙いですね。

イメージ 18

結構小さいもんですから、くぐるのに苦労している隙に、
上から攻撃するのでしょうね。


イメージ 19

いくつかの門を越えてようやく建物の入口に到着した模様です。

イメージ 20
建物の中は、地下1Fから入って6Fまであります。

イメージ 21
当時のままなので会談が急ですし、また中はガードマンくらいしかいなくて
ガランドウ。建物自体が博物館であり貴重なものですから
余計な展示品がないのがシンプルで良いですね。

イメージ 22

一番上まで上がってきました。こんな神社のようなものがあります。




イメージ 23

下まで降りるとこんな立派な木があります。

イメージ 24

この日は天候が良くて暑いくらい。日差しも強く花が鮮やかです。

イメージ 25

この井戸は、番町皿屋敷の舞台。この有名な怪談話が
姫路城が舞台だったとは知らなかったですし、意外と言えば意外です。

こうして姫路城の見学を終え、帰りは歩いて駅を目指します、


イメージ 26

有名なかまぼこ屋さんです。

神戸のローカル局「サンテレビ」のCMに出てきそうな
お店が並んでいるアーケードの商店街を歩いて、駅に戻りました。

イメージ 27

山陽電鉄の姫路駅は、こちらの山陽百貨店の中から。

電車に乗る事30分で、次の目的地明石を目指します。

イメージ 28

明石駅。ここで現地では玉子焼きと呼ばれている「明石焼き」を
JOYたちに体験させようと思いました。
これはたこ焼きに似ていて非なるもの。

イメージ 29

こちらのお店です。午後2時を過ぎているというのに、地元の人たちの行列が
出来ていました。

イメージ 1
という事で玉子焼きをいただきました。木目の方は普通の「たこ」入りですが、
赤い方は「アナゴ」入り。どちらもおいしくいただきました。

イメージ 30
その後「魚の棚」と呼ばれる商店街を歩きます。
せっかくなのでお土産と、魚も少し仕入れました。

ちょこっと歩いて海の前に。
イメージ 31
淡路島行きの船乗り場。明石海峡大橋ができてから唯一残っている航路です。

イメージ 32
そのためか、明石港はちょっと鄙びた港になっています。

イメージ 33
でも、野の花はきれいですね。

ここから電車に乗る事4駅ほどで到着したのは舞子公園。

イメージ 34

淡路島の航路を壊滅的にしてしまった明石海峡大橋のたもとです。

イメージ 35

吊り橋としては世界最長でもある明石海峡大橋。
インパクトが違います。JOYたちも大喜びです。

イメージ 36

橋の真下から。
イメージ 37

上を見上げるとこんな感じです。
イメージ 38

どこかで見たことがあるフェリーはパンスターフェリー。
ちょうど10年前の2007年の5月に、ラジオの懸賞で引き当てた
このフェリーの往復券で、大阪港から韓国の釜山とソウルまで
この船で16時間かけて行きました。

イメージ 39

行きの時のテンションが高いときに一番最初に盛り上がったのが
この明石海峡大橋をくぐる時。その瞬間に出会えました。

イメージ 40

下を見ると、魚群が見えます。
釣りを楽しんでいる人も多かったですね。

イメージ 41

夕暮れ時、漁船がやってきました。

イメージ 42

次々と漁船が、そろそろ夕暮れ時ですね。

この後、神戸まで出て異人館などを案内しようとも考えていましたが、
どうやらJOYグループの中で疲れてしまったメンバーや大阪梅田の
ヨドバシカメラで買い物をしたいという意向があるという事で、案内ツアーは
これにて幕を閉じることとなりました。

イメージ 43

私たちは、ヨドバシカメラに行っても仕方がないのと、せっかくなので
神戸の南京町で仕入れをするために、こちらで一行と別れました。

イメージ 44

JOY一行と別れてからこちらの喫茶店で一息ついてから、


イメージ 45

こちらで、1個90円の肉まんを10個買いました。

イメージ 46

不可思議なキャラクターですね。

そして、南京町で仕入れ。ここで驚くことがありました。

イメージ 47

南京町は神戸中華街なので、中国食材を筆頭にベトナムやタイ食材が
置いている印象で入りましたが、それ以外にインドネシアやフィリピンの
食材が置いていました。したがってあらゆるものを一度に入手できました。

「神戸だからですよ」と華僑らしき店主の方が言っておられました。

イメージ 48

これ実は市民用のトイレ。無事に仕入れを終えたら軽い打ち上げです。

神戸に来るといつも通う大衆居酒屋で打ち上げです。

イメージ 49

ところが、香害被害の影響で、途中で店を出ることに。
ちょっと気になった初めてのお店に梯子してしまいました。
イメージ 50

中々良いお店価格も良心的でした。

という事で久しぶりに大いにお酒をいただきました。

↑このページのトップヘ