4日目、このグルメツアーもいよいよ最終日を迎え、この日の夜の飛行機で日本に帰国いたします。

イメージ 2

ホテルから見た風景。ベトナムはタイとかと比べて壁とかの色遣いがカラフルなんですね。

イメージ 3
この日は、空港のあるダナンに向かいますが、その間にある五行山(マーブルマウンテン)に立ち寄ります。

イメージ 4
このホテルの初日の夜のシャワールーム閉じ込め事件があった時にはどうなる事かとひやひやしましたが、いよいよチェックアウトが近づいた今となっては
プライベートビーチもあってよいホテルだったと思います。

イメージ 5
朝食はホテルでとります。昨日は朝の6時から2時間しか空いていない店に行ったりしてこちらを利用できませんでした。今日はしっかり活用させていただこうかと。

イメージ 6
ホテルの朝食のビユッヘバイキングはどこでもありますが、ここの壁の色とか
のせいでしょうか?朝食と言うより夜のパーティの雰囲気があります。

イメージ 7
そんなことはともかくせっかくの料理をいただきましょう。

イメージ 8
こんな感じでいただきました。朝食バイキングは少量をちょこちょことるのが
ポイントですね。

イメージ 9
とはいえ、いただくときには豪快にいただきます。

ホテルをチェックアウトした後は、ホイアンのローカル市場で買い物をします

イメージ 10

何かの贈呈式みたいになっていますが、あくまで商品の購入です。

イメージ 11
市場の雰囲気、東南アジアでブルネイを除いた9カ国渡航経験があるからわかるのですが、ローカル市場はどこも同じような雰囲気ですね。おいている食材が微妙に違うのですけど。

イメージ 12
今回のツアーの中に「値切りの達人」がいました。おかげでいろんなものが
安く変えました。お店のスタッフの人が値切り攻勢に戸惑いの表情が見えてますね。

イメージ 13
嬉しそうに写真に納まってますから大丈夫だったのでしょう。

イメージ 14
一通り買い物が終わりましたので、取りあえず一休み

イメージ 15
少なくとも仲が良いというのだけは間違いなさそうですね。

さて、これからダナン方面に移動するのですが、そのために買い込むものがあるので
それらのお店に向かいます。

イメージ 16
それがこちらベトナムのサンドイッチ「バインミー」のお店です。

イメージ 17
バインミーこそ最もベトナムらしい料理のひとつかなと言う気がします。
使用している麺麭はフランスパン(バタール)を使用します。
中に入っている物は中華系と言うか、ベトナムのものと言う事で。

イメージ 18
バインミーは別にホイアン名物でも中部名物でもないベトナム全土で食べることが
できますが、ここのはちょっと違っていて、ベトナムで一番おいしいと言われているのです。

イメージ 19
ベトナムの食べ物ですからベトナム一美味しいとなると自然に世界一美味しいバインミー屋さんと言う事でやってきました。とはいえ、比較しているわけではないので、例えばフランスやアメリカのリトルサイゴンのものと比べたりとかしたらどうなるのかはわかりません。(どうでもよいことですが)

記念に動画に抑えておきました。

イメージ 20
さて、バインミーともう一つ屋台にあるものを購入しました。
アヒルの肉まんです。
イメージ 21
こちらです。これだけだと肉まんとあんまんの区別もつきませんので

イメージ 22
と言う事で中身を空けてみました。

イメージ 23
世界のバインミーもこちらで買っています。その他豆腐のおやつと共に
移動中の車の中でいただきます。

イメージ 24
中身は食べておしまいですが、この紙袋がお土産になったりするんですね。

と言う事でおいしくいただいていたら、次の目的地五行山に到着です。


イメージ 1

取りあえず記念撮影


イメージ 25
大理石でできているという岩山に上るのですが、こんなものができています。

イメージ 26
と言う事であっという間に上に上がってきました。

イメージ 27
上からは海が見えます。実はこのあたりはもうダナンのすぐ近くです。

イメージ 28
他の岩山が見えます。これらは大理石の山なので周りに石屋さんが多くあっていろんなものを掘っています。当店にも800kgあるという熊の石像がありますが、それもここの石を使っているのです。

イメージ 29
こちらは、サーロイ搭(Xa Loi Tower)

イメージ 30
実は山の中にいくつか寺院があります。こちらはリンウン寺(Linh Ung Pagoda)と呼ばれる中国寺院です。

イメージ 31
洞窟の中に入っていきます。

イメージ 32
洞窟の中には大仏がありました。
これらの洞くつの中にはベトナム戦争で上から穴が開いているところもあるそうです。中部の町はかつての国境線近くだからか、ベトナム戦争の痕跡をあちらこちらで見ますね。