こちらの続き、今回が最終回です。

イメージ 1

木材を運搬するケーブルカーのようなモノレールに乗ってやってきたのはこちらの
「面不動鍾乳洞」


イメージ 27

鍾乳洞についての説明書き、最初に読んでおくと印象が違います。


イメージ 2

いよいよ洞窟の中に入っていきます

イメージ 3

入り口ではイメージできなかった広い空間。照明や手すりがあるので安心です。


イメージ 4

一面に鍾乳石のつららが見えます。

イメージ 5

強力な照明に照らされますからよく見えますが、初めて発見した人は
「よく解った」と感心します。

イメージ 6

一つ一つに名前やモノによっては説明がついています。

イメージ 7

このように

イメージ 8


赤い照明で不気味に見えます。地底深くにある地獄のよう


イメージ 9

対照的にこの照明は、どこか地底深くにある未来都市異空間の入り口のよう

イメージ 10

鮫とか肉食動物の口のよう

イメージ 11

SF系の映画のロケに使えそうですね

イメージ 12

数えきれないほどのつららがありますが、これだけ成長するのにどのくらいかかるのか相当な長時間らしいですね。

イメージ 13

これもそういう映画に使えそう。
奈良県の山の中のそれもたった数mとあえて言わなければわかりませんね。


イメージ 14

しぐれ窟とあります。

イメージ 15
ひときわ大きなつららが正面に

イメージ 16

こんな照明を使うと、もう宇宙空間のどこかの星でもいけそうです。

イメージ 17

つららを一つ拡大してみました。


イメージ 18

凄く年代の古い動物の化石


イメージ 19

これはすごい雰囲気です。

イメージ 20

こちらも「銀糸」とあります。上は確か「金糸」


イメージ 21

こちらに説明書きが、鍾乳洞は日本全国色々なところにありますが、その中でも非常に珍しいもののようです。

イメージ 22

御母堂とは?

イメージ 23

これです、確かにマリア像とかにも見えます。隠れキリシタンとかが
居そうな雰囲気です。

イメージ 24

と言うわけで一通り見終わりました。

イメージ 25
最後に見学後のねぎらいの言葉がありました。


イメージ 26
と言う事で鍾乳洞見学は終わり山を下りて洞川温泉街に戻りました。

イメージ 28
旅館に預けていた荷物を引き取りに行きます。
清流に架かる小さな橋。帰るのが名残惜しくなってきました。


イメージ 29

地元の農産物が売られています。

イメージ 30
こちらはお店の名前


イメージ 31
アケビとかを買いました。


イメージ 32
そしてお昼はこちらに行きます。
蕎麦屋さん。水が綺麗な地域なので、結構良い蕎麦屋さんがあるそうです。


イメージ 33
こちら天ぷらそば

イメージ 34
でもこちらがお勧め。もりそば(ざるそば?)と柿の葉寿司
そばの風味が出ていて、塩だけでも食べられました。


イメージ 35

地元のお酒をいただきました。


イメージ 36

川魚「あまご」の煮つけ

イメージ 37

畑がありました。無農薬野菜を普段扱っているので
畑を見ると気になって仕方がありません。


イメージ 38

朝予約した豆腐。もう先週になりますが「シンガポールウィーク」の一品に使いました。


イメージ 39
バスの出発まで少し時間があるので、最後に温泉に行きました。


イメージ 40
前日の日曜日は多くの車が止まっていました。

イメージ 41
こんなのもあるんですね。

イメージ 42
お風呂もシンプルで館内も売店も食堂もないシンプルな物
素朴な温泉でした。

イメージ 43
さて、いよいよ帰る時がやってきました。


イメージ 44

帰りのバスの中。機会あれば再訪してみたい気分になる場所でした。


イメージ 45

バスの窓から昨日歩いた足跡などを確認。


イメージ 46

天川村が行きやすくなったといわれる理由の一つである長いトンネル


イメージ 47

下市口に到着です。


イメージ 48

これは、観光特急「青の交響曲」と言う列車です。
さすがに売り切れていたようでして、この後の急行電車で帰りました。


イメージ 49

と言う事で帰ってきました。結構お土産物が多くなってしまいました。

戻ってきたのは月曜日の18時頃でしたが、引き続き仕込みをして無事に
翌日火曜日からのシンガポールウィークの料理を提供することができました。(完)