9月の店内改装と10月からの新体制が無事にスタートしたという意味での打ち上げ?と、11月以降、シャンソンライブやグルメツアーそして12月からの年末の忘年会シーズンを迎えるにあたって、気分転換に一昨日と昨日の2日間。ショートトリップをしてきました。

どこに行こうか悩んだ末、行ったのがこちらです。


イメージ 2

奈良県吉野郡天川村です。上記小説もさることながら天川には芸能の神様と言われ、導かれたものしかたどり着けないという「天河大辨財天社」というのがあり、また同じ村でもさらに山奥にある洞川ここには役小角(えんのおづの)と言う人物が始めたという修験道の聖地大峰山がある場所。このパワースポット全開の奈良の山奥に行くことにしました。


イメージ 3

近鉄阿部野橋から吉野行き特急列車に乗ります。
今回、特急券だけは別料金ですが、近鉄線とバスの往復に天川村の温泉料金が
割引になっている「洞川温泉・みたらい渓谷散策きっぷ」と言うのを使いました。

イメージ 4

列車の中。行きのこの瞬間が楽しいですね。
未知の山奥、パワースポット期待が膨らみます。

イメージ 5

気が付けば奈良盆地を走っています。普段ビルだらけのコンクリートジャングル
で生活していればこの田園風景だけで十分癒されます。


イメージ 6
小さな山が見えます。このあたりは小さな山や古墳と思われるものが多数見え、
大昔の日本大和朝廷のあった場所と言う事で、日本人としての原点を感じることが
できます。

イメージ 7
しかし、その大和盆地からさらに奥に入ると山々が迫ってきました。

イメージ 8
と言う事で到着したのが下市口駅


イメージ 9
ここから、天川村へはバスに乗ります。

イメージ 10
駅の様子。

イメージ 11
目の前に見えるバスに乗ります。

イメージ 12
洞川(どろかわ)温泉行きのバス

イメージ 13
駅の周辺ものんびりしていて、このあたりは20世紀の昭和が
まだ残っている気がしました。

バスは山の中を走っていきました。

イメージ 14
途中にある黒滝村の停留所

さらに長いトンネルをくぐって

イメージ 15
天川村に到着しました。洞川温泉で1泊しますが、途中にある
こちらの川合というところでバスを降りて歩くことにしていました。

最初に向かったのは、西側の「天河大辨財天社」


イメージ 16

いきなりこういうのを見つけました。吊り橋の入り口です。


イメージ 17
まだ、紅葉はなじまっていないところはありますが、山の風景は良いですね。


イメージ 18
こんな吊橋で、定員が5人とか書いていました。


イメージ 19
しかしこれは序の口でした。

イメージ 20
今回は2日とも天候が悪くそれは残念でしたが、この山奥の秘境と考えれば
その方が似合っていたかもしれません。


イメージ 21
面白いものを発見

イメージ 22
腕を触られて喜んでいるみたいですね。

イメージ 23
下に流れる川は、遥かに下だけど

イメージ 24
水が澄んでいるのがわかります。

イメージ 25
本当に癒されます。

イメージ 26
真ん中に大きな蜘蛛が

イメージ 27
ここまで結構歩きました。弁財天社遠いです。

イメージ 28
30分で到着と言われつつ実際には1時間近くかけて

イメージ 29
ようやく到着しました。


イメージ 1
こちらが「天河大辨財天社」
宗像三女神の一人、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)を主祭神とし、
(元々は祭神名でもある弁財天(ヒンドゥ教:サラスヴァティー)で、明治時代の神仏分離により変更)芸能の神とされ、役小角が草創。弘法大師が高野山の開山に先立って大峯山で修行し、最大の行場が天河神社といわれているそうです。

また、この場所は「導かれたものしかたどり着けない」と言われているとか。
イメージ 30


私たちが「導かれた」かどうかはわかりませんが、ここはそう簡単に行くことが
できない場所だと思いました。

イメージ 31
神社の境内。

イメージ 32
別の角度から


イメージ 33
階段を上ると拝殿があります。有名な五十鈴が見えます。

イメージ 34

この日は、舞台で何か行われていたようです。
私たちはちょうどその公演?が終わった後で直接見ることは
出来ませんでした。

イメージ 35
多くの人が声をかけていますが、この方はどなたなのでしょうね。

イメージ 36
不思議なパワースポット。遠かったけれど来た甲斐がありました。

イメージ 37
実はこの神社の横にひっそりとしたある場所がありました。

イメージ 38
南朝黒木御所。後でいろいろ調べてみると黒木御所とは、
黒木(皮を削っていない木材)を用いて建てられた天皇の御所のこと。
多くは戦時や政変時の行宮の事のようで、仮設住宅のような御所のようです。
とはいえ、そういう歴史的な場所は想像を掻きたてられます。


イメージ 39
私たちは来た道を引き返し、川合という所からみたらい渓谷。そして洞川温泉
を目指すことになります。

イメージ 40
山に霧のような雲がかかっています。幻想的ですね。

イメージ 41
昔の貨車を再利用したもの。このあたりはキャンプとかのアウトドアの
需要も多くあるようです。