昨日に引き続き、1泊2日のショートトリップの後編です。


(前編はこちら)

私たちは前編にあるように淡路島を堪能した後、高速バスで本州側に
戻ってきました。

イメージ 2

こちらは「高速舞子」のバスターミナル。
そのまま、神戸三宮まで行って帰る事も十分可能ですが、
今回は、シェフの誕生日の事もあったので、舞子公園のホテルで1泊
して精神的にもリラックスすることにしました。

イメージ 3

明石海峡大橋の端の高速道路沿いに作られたバス停。
下に降りるまでのエスカレータが長いです。

イメージ 4

そのまま「舞子公園」に。
松林が海の近くを思わせます。

イメージ 5

先ほど渡ったばかりの明石海峡大橋。今宵はこの橋が見える部屋で一泊です。

イメージ 6

宿泊するホテルは、丘の上にある大型ホテル「舞子ヴィラ」です。

イメージ 7

丘まで登らないといけないかと思えば、ちゃんとエレベータがあります。
斜面沿いにあるので斜めに動く珍しいエレベータです。

イメージ 8

ホテルの入り口。




イメージ 9

ホテルのロビー。ビジネスホテルとは違う開放感があります。

イメージ 10

海外の大型ホテルの雰囲気を思い出します。

イメージ 11

部屋は9Fでした。さっそく窓越しに明石海峡大橋が見えます。

イメージ 12

ツインの部屋も広かったですよ。

イメージ 13

部屋全体の雰囲気。

イメージ 14

ツインベット

イメージ 15

結婚式にも有効活用されているようで、教会のようなものがあります。


イメージ 16

暗くなってくるとライトアップされました。

イメージ 17

海の向こうの淡路島側も照明がきれいですね。

イメージ 18

この光景を見るだけでも、宿泊した価値がありました。

イメージ 19

すっかり夜も暮れたようです。

イメージ 20

上空には神戸空港?に向かう飛行機が見えます。

イメージ 21

午後11時になるとライトアップが終了しました。
ここで私たちも眠ります。

翌日、朝食のバイキングを宿泊プランにつけましたので、
そちらに向かいます。

イメージ 1

こんな雰囲気です。

イメージ 22

こんな感じですが、この後もおかわりしましたので、
朝からおなかが満腹です。
イメージ 23


多くの人が朝食を食べに来ていました。


イメージ 24

気が付けば、1時間30分くらいここにいました。
イメージ 25

そろそろ部屋に戻り、チェックアウトします。

イメージ 26

十分リラックスしたところで、少し舞子公園を散策します。

イメージ 27

ここには今月二回行きました。上旬にタイ人JOY一行と
姫路城などの見学の帰りに少し立ち寄りました。

イメージ 28

あの時は、明石海峡大橋を見ただけでしたが
今回は周辺もいろいろとみていきます。
ちなみにこのホテルは、ホテルのクラブフロアだけ存在している
ようなところです。


イメージ 29

宿泊した「舞子ヴィラ」大きいですね。
イメージ 30

舞子公園の「松」についての説明書き。
一時壊滅に近い状態だった松を再生したそうです。

イメージ 31

こういう取り組みは大事なことですね。
イメージ 32

旧武藤山治邸。元々別荘地だったのでこういう古い建物が
再建されたり移築されたりしています。

イメージ 33

明石海峡大橋の下にある古い建物は、重要文化財の「移情閣」

イメージ 34

元々は、神戸華僑の実業家「呉錦堂」の別荘だったそうで、
つながりのあった、中華民国の建国者「孫文」の記念館になっています。

イメージ 35

300円で中に入れるので入ってみることにしました。
イメージ 36

基本的には孫文の事についての記述がメインですが、建物自体にも
値打ちがあり、この階段で2Fにあがりますが、中々雰囲気の良さげな
所です。

イメージ 37

そして2Fの窓から明石海峡大橋が見えます。

イメージ 38

元々あった場所から、明石海峡大橋ができる時に、今のところに移築された
そうですが、そんな雰囲気は感じられずレトロな雰囲気がありました。


イメージ 39

改めて、明石海峡大橋。大きな船が橋をくぐっていきました。


イメージ 40

世界最長のつり橋は見ていて飽きないですね。

イメージ 41

橋の真下でしばらく佇んでから帰りました。
イメージ 42

おまけですが、これは当店の最寄駅「本町」にある
「セントレディースホテル」にあるパン屋さん。
一般のパン屋のパンよりやや高めですが、味は十分その価値を見いだせました。