「サワディシンチャオ(旧:東南アジア10か国料理店)」公式ブログ

2021年1月まで存在していた飲食店。店は閉店しましたが事業は引き続き継続します。

2016年06月

おはようございます。本日は通常通り13:00-23:00まで途中休憩なしで営業します。

イメージ 1


※本日の記念日です。

佃煮の日
全国調理食品工業協同組合が2004年に制定。
佃煮の発祥の地である東京・佃島の氏神・住吉神社が
創建されたのが正保3(1646)年6月29日であることから。

ビートルズ記念日
1966年のこの日、人気絶頂のイギリスのロックグループ・ビートルズが初来日した。
翌日から東京・日本武道館で3日間5回の公演を行った。
学校をさぼってかけつけた高校生ら6520人が警察に補導された。

星の王子さまの日
『星の王子さま』で知られるフランスの作家・飛行士のアントワーヌ・ド・サンテグジュペリの誕生日。

独立記念日 [セーシェル]
1976年のこの日、アフリカ沖のインド洋の島国セーシェルがイギリスから独立した。

聖ペテロと聖パウロの祝日
キリスト教の聖人・聖ペテロのと聖パウロの聖名祝日。
ともに殉教日は特定されていないが、この日を聖名祝日とする。

廉太郎忌
作曲家・滝廉太郎の1903(明治36)年の忌日。

それでは本日もよろしくお願いします。

2016年5月8日(日曜日)

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/01.JPG 
香港の空港に再び到着。この旅も明日で終了ですが、
今一度香港で余韻を楽しみます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/02.JPG 
最初のとき同様バスに乗り込みます。
ただ今回は行き先が香港島ではなく、
九龍半島を目指します。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/03.JPG 
途中までは同じ風景が続きますが、前回見落としたところを
再度チェックできるのがよいですね。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/04.JPG 

このあたりから高速道路がいつの間にか島側に向かうのとは違う半島方向に
向かうルートに変わっていました。その為工場地帯の見える方向が
逆になっていました。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/05.JPG 
半島に入って一般道に出ると頻繁に停留します。
降りるところを間違えないように注意します。

降りたのは、旺角(モンコック)というエリア。
半島の中部あたりに位置する繁華街です。

そのメイン通りに位置するところに宿のあるビル
新興大厦がありました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/06.JPG 

香港では雑居ビルにいろんなホテルや宿があるところが
いくつかあって有名なのは重慶大厦(チョンキンマンション)
ですが、こちらもそれに負けじと劣らず怪しさが満載でした。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/07.JPG 

ビルの1Fのフロアーの様子。下のほうの階ではサウナのようなものも
あるようですね。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/08.JPG 
私たちが泊まるのは26Fの宿です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/09.JPG 
注意書きがあります。香港では定番のあれですね。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/10.JPG 
まずエレベータを探すのですが意外にこれに苦労しました。
低層階用のものと高層階用のものとがあるのですが、
高層階のものでも25Fまでしかなく26Fが存在しないのです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/11.JPG 

それでも実は1つのエレベータだけ26Fまで行くのがありました。
最上階は特殊なエリアのようです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/12.JPG 
伝統的な古びたエレベータで上階にあがります。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/13.JPG 
香港といえばかつて「九龍城砦」というのがあって無法地帯に
巨大な雑居ビルがありましたが、このビルにもそういうにおいが
若干あるのではという気がします。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/14.JPG 
エレベータで上の階まであがると
その中でいろいろ細かいエリアへの入り口があり、
セキュリティーで守られています。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/15.JPG 
26F行きのエレベータは点検か何かの理由で来ないときもありました。
そのときは、この階段で25Fまで降りてからエレベータに乗りました
25Fまで行くエレベータは数台ありましたから余計に不思議ですね。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/16.JPG 
唯一26Fまで行くエレベータです。なぜ唯一なのか
なぞですが、このエレベータで1Fに行くと時間帯によっては
裏口からしか出られないことがありますので、非常用のものかもしれません。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/17.JPG 
こういう掲示板が並んでしました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/18.JPG 
エリアの廊下は殺風景なものひとつ間違えれば廃墟ビルのようです。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/19.JPG 
こんな廃墟みたいな雑居ビルの中にゲストハウスがあるとは
思えないのですが、それなりにいろんなところを旅した経験が
あるものにとってはそれほど心配はしていませんでした。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/20.JPG 
こうして入り口を発見。ただ入り方がわからないので
管理人の人を呼んで待ちました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/21.JPG 
中に入ると別世界のようにツーリストのゲストハウスらしい雰囲気です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/22.JPG 
この中にさらにいくつかの部屋があるようです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/23.JPG 
そして私たちが泊まる部屋はこちら1番目の部屋です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/24.JPG 
部屋の中は黄色でと奏されていました。USBのプラグなど旅に必要なものが
そろっていました。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/25.JPG 
シャワールームです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/26.JPG 
ベットです。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/27.JPG 
とはいえ窓から外を見ると廃墟ビルのような佇まいがありました。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/28.JPG 
荷物を置いて早速外に出ました。
デモ隊のような団体が行進していました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/29.JPG 
この団体が結構長く続いていましたが
正体は法輪功という団体でした。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/30.JPG 
調べると中国では弾圧されて本土では存在が完全に消えてしまった
そうですが、香港はまだでも活動ができるほど存在しているのが
わかります。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/31.JPG 

昔、店に手伝いに来ていた中国の留学生にこの団体について聞いたところ
顔色が変わり「これは、危険な団体だオウムと同じ」と言っていた事が
印象に残る団体。
中国寄り?の反対組織もいて、このデモ行進を攻撃していました。
しかし地元の警察官が多数待機していましたので
大きな混乱はありませんでした。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/33.JPG 
いまいち調べても本質がわからない団体ですが、
貴重なタイミングなのでこの様子を撮りました。

その後、花園街市場のほうに歩いていきます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/34.JPG 

すると陸橋の上にこういう人だかりがいました。
インドネシア系の人たちです。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/35.JPG 

香港の裕福な家庭では、インドネシアやフィリピンからのメイドさんを
雇うそうで、日曜日のような休日にそういう人たちが一箇所に集まります。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/36.JPG 

香港島には主にフィリピン系の人たちが集結し、
半島側にはインドネシア系の人たちが終結しているようです。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/37.JPG 

本格的なインドネシアの料理が売られていましたので
ここで購入することにしました。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/38.JPG 

もともと休憩のために集まっている人たち向けなので
金額も格安で揚げた魚などを買いました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/39.JPG 

思い思いにくつろいでいる人たちです。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/40.JPG 

週に一度の楽しみなのでしょうね。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/41.JPG 
陸橋を渡った下でもにぎやかな人たちがいました。

花園街市場に到着。購入した魚を食べるところを目指してやってきたのが
上階にあるフードコート。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/42.JPG 
タイ料理やさんもあるフードコート。
夕方からの営業のため閉まっていました。

ところが、横で宴会をしている人々がいてビールを飲んでいたので
ビールがほしいようなことをいえば、一瞬戸惑われたのですが、
すぐに喜んでビールとテーブルまで用意してくれました。

イメージ 1
 
この人たちのグループまさしく地元香港の人たち。
旅の醍醐味というところですね。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/44.JPG 
おかげで先ほど購入したインドネシア料理を食べながら
ビールをいただくことができました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/20/45.JPG 
その人たちからマンゴーまでいただきました。
何らかの契約でこの場所で宴会していたそうで
店の人が準備に来たときに私たちのことを説明して
その人は気を使ったのか皿洗いをしていました。

私たちは別の人に促され、
ビール代+αだけ払ってその場を後にしました。
しかし、面白い体験ででした。いったん宿に戻ります。

ちなみにこの上にある子羊のマークは
店の近くにある火鍋のお店と同じ経営のお店です。

おはようございます。本日は日中料理教室がございますので、
18:00からの営業となります。ご了承ください。

イメージ 1

※本日の記念日です

貿易記念日
通商産業省(現在の経済産業省)が1963年に制定。
安政6年5月28日(新暦1859年6月28日)、江戸幕府がロシア・イギリス・フランス・オランダ・アメリカの五か国に、横浜・長崎・箱館(函館)での自由貿易を許可する布告を出した。

パフェの日
1950年のこの日、巨人の藤本英雄投手が日本プロ野球史上初のパーフェクトゲーム(完全試合)を達成したことに因み、「パフェ(parfait)」がフランス語で「完全な(パーフェクト)」という意味であることから。

芙美子忌
小説家・林芙美子の1951年の忌日。

それでは本日もよろしくお願いします。

日付は変わりましたが、予告どおり
月曜日にこちらの映画の鑑賞をしてきました。


映画の内容や詳細についてはこちらをご覧いただければと
思いますが、とにかく評判が良い話ばかり聞いて東京では
追加の上演までするほどの評判。

こちらの評価も高いのが驚きですね。

元々シェフが移動中の機内で一部しか見ることができなかったという作品。
映画館よりチラシをおいてほしいという依頼を受けた際でも
積極的にアピールしてポスターをもらったり、
来店したお客様にもアピールを行ったりしてチラシを追加でもらいました。
そして、タイアップの企画までしました。
とはいえ、私たちがまだ鑑賞していませんでしたので、
ようやくその日が来たということです。

イメージ 1

上映している映画館は「シネマート心斎橋」心斎橋のアメリカ村の中にある
ビックステップという商業施設の4Fにある映画館です。
店からは徒歩圏内にあるのは助かりますが、それ以上に実はこのビックステップの
前で2年ほど前でしたか、数回店の前の屋台をここまで持ってきて
マルシェの企画で出店しました。商業施設のにぎやかしの企画だったのですが、
人は多くいましたが、なかなか苦戦したことを思い出します。


イメージ 2
チケットとドリンクを買いました。タイ映画だからということでタイのビールが
販売されていましたので、これは一本購入しました。

イメージ 3
いろいろな映画のシーンとか情報が掲示してありました。
この映画の主演の男優と女優は店内でBGM代わりに流している
ドラマで主演で出てくる人たちなので、顔はもちろんのこと演技力や表情。
その癖のようなものまである程度熟知しています。

イメージ 5
この半券持参で期間を設けずにサービスしているタイアップ企画
私たちは関係ありませんが、その下のチラシはこの映画の舞台を
見に行くというもの。韓国経由とシンガポール経由が選べるように
なっていました。

そして、実際に映画が始まりました。2時間弱の映画集中して
見ることができました。

イメージ 4

さて映画の感想ですが、ある程度タイという国を知っていた上での
私的な内容ですが、一言で言えばその評判どおり
大変良かった作品だと思いました。

これにはいろんな点が上げられると思います。
仏教僧やムエタイ選手といった如何にもの「タイ」が前面に出たものでも
単なる恋愛映画でなかったことが良かったと思います。

例えば、水上学校の風景とかチェンマイの秋のお祭り「ロイカトン」の
コムローイを上げるシーンとか、小学生たちの表情や教育のあり方で悩む教師とか
伝統的な紙媒体の「日記」を通じて、偶発的に交流が生まれるとか
そういう一つ一つの細かい内容が複合的に合わさったの
良かったのかなという気がしました。

あとは、教育がテーマの映画かなとも思いました。
タイの学校の事情も小学生で落第とか期末試験とか厳しいということが
この映画を通じてわかりました。

個人的にはこの映画のシーンで料理を作る場面もいくつか出てきますが
その中の食器のひとつが当店のグリーンカレーで使っているものと同じものが
ありました。当店の食器類はタイやベトナムをはじめとする現地で購入した
物がほとんどですが、映画のシーンで同じものが出てくるとうれしいですね。

いつもお世話になります。本日月曜日は定休日です。下記の映画を鑑賞します。

イメージ 1

なお明日28日火曜日は昼間クッキングサロンですので、18時からの営業となります。ご了承ください。29日水曜日から通常営業となります。

◇ベトナム料理教室
(まだ参加可能です。今晩中にご連絡ください)
6月28日(火)昼(10時半~14時半頃)
  
・ブンチャー 
(オバマ・アメリカ大統領が先日ハノイで食べた料理)
 いろんなハーブで食べるあっさりつけ麺 ロース豚焼肉、ミニハンバーグ、
 揚げ春巻き添え
・ベトナムプリン(バインフラン)

※本日の記念日です。
メディア・リテラシーの日
テレビ信州が制定。1994年、松本サリン事件があり、事件現場近くに住む
無実の男性がマスコミにより犯人扱いされる報道被害があった。

ちらし寿司の日
卵焼きなどの調理用食材を製造販売する広島県の株式会社あじかんが制定。
岡山のちらし寿司「ばら寿司」が生まれるきっかけとなった備前岡山藩主・池田光政の命日。

演説の日
1874年、慶応義塾の三田演説館で日本初の演説会が行われた。
「演説」という言葉は慶応義塾を創設した福澤諭吉が仏教語をもとに作ったもので、
この日の演説で福澤は「日本が欧米と対等の立場に立つ為には演説の力を附けることが必要」と説いた。

日照権の日
1972年、違法建築の隣家によって日照を奪われた問題で、
最高裁が「日照権と通風権が法的に保護するのに値する」という初めての判決をし、
日照権・通風権が確立した。

独立記念日 [ジブチ]
1977年、東アフリカのジブチがフランスから独立した。

ヘレン・ケラー・バースデー
アメリカの社会福祉事業家、ヘレン・ケラーの1880年の誕生日。
生後19箇月で猩紅熱の為に目・耳・口が不自由になったが、
家庭教師アン・サリバンの教育によって読み書きを覚えて大学を卒業した。

秋成忌
国学者・上田秋成の1809(文化6)年の忌日。

↑このページのトップヘ