「サワディシンチャオ(旧:東南アジア10か国料理店)」公式ブログ

2021年1月まで存在していた飲食店。店は閉店しましたが事業は引き続き継続します。

2016年04月

おはようございます。本日はミャンマーからの観光客のお昼ご飯の
ご予約を承りましたので、お昼営業は貸切営業。
夜営業のみ18:00から行います。ご注意ください。

イメージ 1

本日の記念日です。

主権回復記念日,サンフランシスコ平和条約発効記念日
1952年のこの日、前年9月8日に調印された「日本との平和条約」(サンフランシスコ平和条約)が発効し、日本の主権が回復した。


労働安全衛生世界デー,国際労働災害犠牲者追悼日
労災の犠牲者を追悼する国際な記念日。
カナダ地方公務員組合(CUPE)が1984年に、
1914年にカナダで「包括的労働者補償法」が成立した4月28日を記念日としたのに
始まる。1991年にカナダ議会が国の追悼の日の一つと定め、
次第に他の国でも行われるようになった。


ドイツワインの日
日本ドイツワイン協会連合会が2012年に制定。
German WineとGolden Weekの頭文字が同じであることから、
ゴールデンウィークに入る前日を記念日とした。

缶ジュース発売記念日
1954年、明治製菓が日本初の缶ジュース・明治オレンジジュースを発売した。


象の日
1729(享保14)年、交趾国(現在のベトナム)からの献上品として
清の商人により初めて日本に渡来した象が、中御門天皇の御前で披露された。
その後江戸に運ばれ、5月27日に将軍徳川吉宗の御覧に供された。


シニアーズデイ
作曲家・中村泰士が制定。
四(し)二(に)八(や)で「シニヤ」の語呂合せ。


庭の日
日本造園組合連合会が制定。
四(よ)二(に)八(わ)で「よいにわ」の語呂合せと、
制定当時は翌日が「みどりの日」であったことから。


アクアフィットネスの日
ミズノ株式会社が制定。
水ぬるむ4月のゴールデンウィークの前で、
水中で行うアクアフィットネスを開始するのにふさわしい日であるとして、
この日を記念日とした。

それでは本日もよろしくお願いします。

24時間の滞在しかない台湾・高雄。
宿に荷物を置くとトイレだけして、直ぐに移動開始。

今から向かう先こそ、この高雄滞在のメイン。
ちょっと台湾まで魚を食べに行くのです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/01.JPG 
年齢的にはシニア世代に当たる私たちは、階段しかない下りを避けて
エレベータで降りてしまいました。
さらに年齢の高い高齢者や体の不自由な人とかの為の椅子
「博愛座」が置いてありました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/02.JPG 

地下鉄では2駅先の「美麗島」駅で乗り換えます。
美麗島とは、かつて台湾に対してポルトガルで「フォルモサ」を
簡約した名前。台湾そのものの名前を地下鉄の駅に使うとは
中々大きく出たと思ってしまいました。
(広告の日本アニメ「ちびまるこ」も台湾では大人気ですね)

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/03.JPG 
乗り換えた先の名前は「西子湾」ここからは旗津と呼ばれる沖合いの
細長い島に向かう為の港を目指します。そこには魚のおいしいお店があり、
日曜日ということもあり、地元の高雄の人たちも多くそちらに向かっていました。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/04.JPG 
駅から小さい通りを抜けて大きな通りに出ました。
ややぼやけていますが、この未知の先にフェリー乗り場があります。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/05.JPG 
途中不可思議なお店がありました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/06.JPG 
さて、旗津フェリー乗り場に到着しました。
この旗津は、高雄の町を外的から守るかのように細長い防波堤のような島で
反対(空港より)側の橋はトンネルで結ばれていることもあり、
旗津半島と呼ばれています。

調べるとここはその場所から、高雄港発祥の地といわれ、
中国大陸の船をはじめとする外国の船が行き来していたそうです。
下関条約以降に日本に割譲された場所でもあり
戦後、高雄市の区となってからは東沙・南沙諸島なども行政区域になっている
そうです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/07.JPG 

港の前には、照明のきれいな橋が架かっていました。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/08.JPG 
フェリー乗り場です。この旗津に住んでいる人の足でもあるため
このフェリーは住んでいる人とそうでない人で入口を分けていました。
混んでいるときは地元の人を優先するようです、

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/09.JPG 
しかし、この時間は空いてましたので気にすることなく中に入ります。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/10.JPG 
こんなフェリーです。本当に小さな船。渡し舟というほうが近い気がします。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/11.JPG 
しかし不思議ですね。こんな渡し舟のようなものでもどこか旅情気分を
掻き立てられます。
飛行機や鉄道、バスでもそういうのは多少ありますが、
いずれも長時間乗る場合。
船のようにたった5分程度でも「船旅」を楽しめる空気があるから不思議ですね。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/12.JPG 
フェリーからの眺めです。5分の渡し舟ですから見送る人はいませんが
なにか「出航してきます」という気合が入ってしまいます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/13.JPG 
船は2階建てで、1階は車両を入れる場所ですから、人は2階にいます。
しっかり、席もあるのですが、船の場合どうしてもデッキに出て
潮風を感じたくなるものですから、これも不思議です。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/14.JPG 
さあいよいよ出航しました。

出航のときを少し動画に抑えました。やはり旅情気分全快です。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/15.JPG 
高雄の町が徐々に離れていきます。地元の人も本当は魚を食べに
行くだけなのに、旅気分に浸っているようです。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/16.JPG 
これはぼやけてしまいましたが、船上から見る夜景。軽いゆれ具合が
良いですね。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/17.JPG 
高雄の町の中心部。街一番の高層ビルが見えます。

もう一度動画に抑えてしまいました。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/18.JPG 
短時間の滞在になってしまいましたが、これを見て「来て良かった」と思いました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/19.JPG 
海側に目をやると、船の航行に出る小さな波が立っていました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/20.JPG 
目の前に見える建造物は造船所のようです。
この旗津半島の存在が見事な良港となっている高雄
船も旗津側にあるようです。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/21.JPG 
あっという間に到着です。せっかくの旅情気分が台無しですが
目的はこれではありません。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/22.JPG 
帰りにもう一度乗りますので、とりあえず降りることにしました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/23.JPG 
この旗津半島には道教の宗教施設があり、海鮮のレストラン街も
その流れであるようです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/24.JPG 
ひらがなの一文字が看板に用いられています。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/25.JPG 
「おいしい」とありますから、「おいしい」のでしょう。
でも、ここで味わっている場合ではありません。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/26.JPG 
旗津天后宮という道教寺院です。もし後で時間があればということで
とりあえず通り過ぎます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/27.JPG 
海鮮レストランには多くの人でにぎわっていました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/28.JPG 
こちらも先ほどの道教寺院と関係ありそうですね。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/29.JPG 
握寿司と書いてあります。30年老店とも。
テレビでも紹介されているこのお店
確かに「にぎり寿司」は好きですが・・・・。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/30.JPG 
さて、目的とするレストランに到着します。

イメージ 1
 
こちら「文進海産」というお店。実はシェフが4年前の2012年に
グルメツアーを開催したときに行ったお店です。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/32.JPG 
シェフ曰く「この店だけどちょっとイメージ変わった」との事。
4年の歴史で店は確かに変わりますね。
当店など本当に良く変わりますから。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/33.JPG 
生簀の水槽は健在だったようで、活きのよい魚が泳いでいます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/34.JPG 
近くには同じような海鮮レストランが並んでいます。
ライバルのお店もちょっと気になりました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/35.JPG 
でも、やはり4年前と同じ「文進海産」にしました。
どれを食べようか迷います。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/36.JPG 
魚のディスプレイが面白いですね。あたかも氷から抜け出そうと
しているかのごとく・・・。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/37.JPG 
両生類もいました。ここはせっかくなのでこの両生類を
いただく事にしました。

 http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/39.JPG 
店内に入りました。シェフ曰く店内の雰囲気は4年前と同じなのだそうです。

セルフですが、台湾ビールをいただくと・・・。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/38.JPG
選んだ海鮮が料理としてテーブルにやってきました。
こちらも活きた状態で泡を吹いていたような動きをしていた貝です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/40.JPG 
海老が来ました。シェフ曰く4年前には豆腐を使った海老料理との事ですが
今回はできないといわれました。時代の流れを感じます。
しかしながら味はおいしかったですけれど・・・。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/41.JPG 
さて、あの両生類はこうなりました。東南アジアでは普通にこれは
そういう店に行けば食べられますが、他国は皮を向いた状態なのに
対してこちらは皮付きなのでリアリティがあります。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/42.JPG 
他の方たちは白ご飯を入れてご飯として食べていましたが
私たちはビールのおつまみとして利用しました。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/43.JPG 
地元の台湾の人たち。社員旅行のような集まりも見られました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/44.JPG 
これは、つれてきたキャラクターです。
当店公式キャラクターのくまさんのモデルなのですけれど・・・。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/03/99.JPG 
隣のテーブルを見てふとある事を思い出しました。
人違いとは思いますが、立っている人は私たちが数年前間で知っている人と
瓜二つだったのです。
顔はもちろんの事。年齢の雰囲気も服装のセンスや持っていた
「かばん」のもち方などが全く同じだったのです。

一瞬声をかけてみようかとも思いましたが、明らかに違う点がありましたから
それはやめました。
というのは知っている人は日本人なので日本語をしゃべりますが、
この人は中国語をしゃべっているという点。
数年経っていますから、その人物は本当は日本人だけれど
この高雄に来て現地の言葉で現地の人相手にビジネスをしている
だけなのかもしれませんし、全くの別人かもしれない・・・
・・・すべては闇の中ですね。

よろしくお願いします。

イメージ 1

おはようございます。週の真ん中水曜日。
しばらく休業状態が続きましたが、
本日は13:00-23:00まで通常営業です。

イメージ 1

本日の記念日です。

悪妻の日
紀元前399年のこの日に刑死したソクラテスの妻が悪妻として有名であることから。

婦人警官記念日
1946年、警視庁で日本初の婦人警官62人が勤務に就いた。
GHQの指示によるもので、2月21日に募集要項が出され、1300人が応募した。

国会図書館開館記念日
1897年、「帝国図書館官制」が公布され、1872年に書籍館として創設された
東京図書館が「帝国図書館」と改称されて、欧米の国会図書館に倣って
整備拡充を図ることとなった。
1947(昭和22)年12月4日に国立図書館と改称、1949年に国立国会図書館支部上野図書館とされ、蔵書は国立国会図書館中央館に引き継がれた。

駅伝誕生の日
1917年、京都・三条大橋から東京・上野不忍池までの508kmを3日間かけて走る
東海道五十三次駅伝競争が行われた。

世界生命の日
1991年4月25日から4月27日まで東京で開かれた国際生命尊重会議で制定。
「胎児の人権宣言」が採択された会議最終日を記念日とした。

絆の日
株式会社アートファーマーが制定。
4月の誕生花が勿忘草であることと、2(ツー)七(な)で「きづな」の語呂合せから。

ロープデー
四(よ)2(ツー)七(な)で「よいつな」(良い綱)の語呂合せ。

国王誕生日 [オランダ]
オランダ国王ウィレム=アレクサンダーの1967年の誕生日。

占領に対する反乱の日 [スロベニア]
1941年、枢軸国陣営の3か国に分割統治されていたスロベニアで、
「スロベニア人民解放戦線」が設立された。

自由の日 [南アフリカ]
1994年、南アフリカで初の全人種が参加する総選挙が行われた。
 
独立記念日 [シエラレオネ]
1961年、西アフリカのシエラレオネでイギリスからの独立が宣言された。

独立記念日 [トーゴ]
1960年、西アフリカのトーゴがフランスから独立した。


とありますが、気になったのはこちら

哲学の日
紀元前399年、ギリシアの哲学者・ソクラテスが、時の権力者から死刑宣告を受けて、刑の執行として獄中で毒を飲んで亡くなった。
アテナイ(現在のアテネ)で活動し、対話的問答を通じて相手にその無知(無知の知)を
自覚させようとしたが、アテナイ市民には受け入れられず、
告発され死刑判決が下された。弟子たちは脱獄を勧めたが、
「悪法も法」だと言って毒杯を煽ったのだった。

です。

ソクラテスは有名な哲学者で、その後にプラトンとかアリストテレスとか
いろいろ出てきます。
哲学といえばは小難しいことを語るようなイメージがありますが、
本当は、物事に疑問を持って自分で考えることを指すと、
哲学の入門書に書いていました。

紀元前なら現代と違い、あらゆる疑問が溢れていたので、
「哲学者」も多くいたのがわかります。
それでも、科学万能の現代でもわからないことが多いので
哲学そのものがなくなることはないでしょうね。
(それを糧にして生きていけるかどうかはともかくとして)

それでは、本日もよろしくお願いします。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/01.JPG 
高雄の空港には、地下鉄の駅があります。
こういうのは非常に便利が良いですね。
帰りも、地下鉄なら渋滞とか余計な心配は要らないので
ぎりぎりまで滞在ができそうです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/02.JPG 

地下鉄の路線と駅が乗っています。
この路線とは別に、高雄の鉄道駅(国鉄・JR相当)の直ぐ近くに
交差するもう一つの路線があります。
ここで、普通ならば宿を目指すのですが、荷物も軽装ということで
そのままある場所に向かいます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/03.JPG 

降りた場所は、生態園区という駅。ここに午後以降にのみ
開催するという「自由黄昏市場」と呼ばれるところを目指します。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/04.JPG 
駅を出るといきなり圧倒される看板がありました。
「中国人観光理容・・・・。」


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/05.JPG 
マッサージ屋さんのようですが、一体なんのマッサージ屋なんでしょうか?

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/06.JPG 
地図上では、一つの通りをまっすぐに進めばその市場に到達する
用ですのでそのまま歩いていきます。
台湾は漢字の旧字体を使っていますが、なんとなく意味がわかってしまうので
見ていて飽きません。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/07.JPG 
ところが、肝心の市場がありません。気になって地元の人に聞くと
正反対の方向に歩いていることが判明してしまいました。
スマホのフリーWifi機能を街中にゆだねたことが災いし
今回は数回これに悩まされました。

気を取り直して引き返します。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/08.JPG 

高雄のこのエリアは次の駅が新幹線(高鉄)の駅になり、
いわば新大阪のような場所。その近くは住宅の建設ラッシュなのか
このようなコンドミニアムの派手な看板が目立ち増した。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/09.JPG 
遠くから見ても市場と思われるるものを発見。
駐車場には多くの車が止まっていました。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/10.JPG 
拡大するとこんな感じ。最初道を間違えましたが
無事に目的地に到着です。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/11.JPG 
市場の入口から多くのお店と多くの地元の人で盛り上がっていました。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/12.JPG 
市場の活気は日本の木津市場にせよ他国のそれにせよ
同じようなものですが、こちらは漢字の羅列ということで
ついついそちらにも目がいきます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/13.JPG 
「人手不足」とあります。募集しているというより
人が少ないので、提供に時間がかかるような意味合いのほうが強い
人気のお店です。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/14.JPG 
この市場、試食ができます。他国ではあまりなく
結構この試食でおなかが膨れます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/15.JPG 

ちょっと、通りに進むとどの店も活気に溢れています。
理屈抜きにして楽しめます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/16.JPG 
早速あるものを購入しました。店員さんの表情が良いですね。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/17.JPG 
メインの場所にはこういう看板が掲げてありました。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/18.JPG 
健康に良さそうなドリンクの販売もありました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/19.JPG 
市場といえば、生きた魚介類。活きのよさがわかります。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/20.JPG 
蟹もたくさん売られていました。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/21.JPG 
魚ではなく豚だと思われますが、
内臓も部位ごとにまとめられていますのでわかりやすいですね。

イメージ 1
 
鶏肉も毛をむしりとっただけの状態で、
トサカの赤さと足の黒さにリアリティを
感じます。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/23.JPG 
大きな魚の切り身の横にいる小さな魚。
大きな魚の切り身を置いている店が結構ありました。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/24.JPG 
魚の並べ方も特徴的で頭と尾の部分を紐で結んで曲線状にしています。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/25.JPG 
寿司も販売していました。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/26.JPG 
これは、結構大きい塊(仙草ゼリー)です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/27.JPG 
ベトナム料理でしょうか?ちょっと気になります。

その目の前のお店は人気店なのか?満席です。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/28.JPG 
麺屋台というより、魚の団子(魚丸)のスープが名物のお店です。
「これはいただかなくては」と、早速注文しました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/29.JPG 
こちらがその魚丸スープ。スープ自体は薄味気味でしたが
団子は非常に大きくて食べ応えもあり非常においしくいただきました。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/30.JPG 
こういうお店です。麺も食べられお勧めです。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/31.JPG 
こんな感じで屋台をきりもみしていました。
台湾だと東南アジアの某国のように、つり銭をごまかしたり、
言葉が不自由な外国人だからと勝手に「スペシャル」に
して金額を吊り上げたりしないので安心ですね。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/32.JPG 
簡単な食事でおなかを満たした後、今度は衣類中心の売り場ゾーンに
研究所とは大きく出ていますね。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/33.JPG 
これは、アンメルツのようなものを各場所に塗るサービスのようです。
頭や首をその薬を塗ってもらっている人が何人かいました。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/34.JPG 
素晴らしいので抑えました。
このようになってほしいものですね。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/35.JPG 
こちらは、子供向けの遊び場、大人たちが楽しそうに見ていました。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/36.JPG 
先ほどの、乱痧のお店がこちらにも、首を塗ってもらっていました。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/37.JPG 
日本が強調されるとついつい抑えてしまうのは
やはり日本人だからでしょうね。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/38.JPG 
こちらは八百屋さん。品質の良さをアピールしています。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/40.JPG 
パイナップルも山積みしていました。

せっかくなので動画でも抑えました。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/39.JPG 
一通り見たので外に出ました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/41.JPG 
拡大するとあの中国人理容の看板が見えます。あそこに駅があるので迷うことは
なさそうです。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/42.JPG 
市場の営業時間の確認をシェフは行いましたが、どうも英語が通じませんでした。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/43.JPG 
とりあえず、この看板目指して歩きます。

そして地下鉄に。次は宿を目指します。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/44.JPG 
すべての駅ではないですが、高雄の地下鉄はのぼりにはエスカレータが
あるのですが、くだりは歩くのがメインのようです。
目の前には香港ではおなじみの「小心地滑」が置いてありました。

地下鉄で向かったのは「後驛」駅名の由来は高雄鉄道駅の後ろにあるから
かどうかはわかりませんが、宿はその駅の駅前です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/45.JPG 
後驛の駅に着いて窓口に出ると本当に目の前にありました。
「佳宏大飯店」が今回の宿です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/46.JPG 
「大飯店」というより「旅社」のほうが似合いそうな
ビジネスホテルです。
一泊2000円弱ですから十分です。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/47.JPG 
こんな部屋です。結構立派なので驚きました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/02/48.JPG 
それ以上にバスタブがありました。バスタブ付きでこの値段で泊まれる
宿はそうはありませんから、ありがたい限りです。

↑このページのトップヘ